どのように適切なケアのための赤ちゃんの肌

身体の新生児作品による個別の法律に基づくもの皮膚から大人の肌のためのケアが必要です注意した方が良いと思います。 を避けるために炎症や不快な症状は毎日背負っているマレーシア、インドネシアの衛生的な手続き で新生児スキンケアを確保し、その純度を有疹のおむつかぶれ、影響を及ぼし赤ちゃんの健康です。

の構造的特徴は、皮膚の新生児

ケアのための赤ちゃんの肌

きのパン粉の光表面の皮で覆薄層のグリースとなる信頼性バリア胎. まず、このグリースが必要で拭や洗浄が、現代の医師をお勧めしない介入は、生物学的プロセスで十分に吸収し、皮膚の赤ちゃん.

後の消滅のグリースは、皮膚が赤みを帯びたり、通常:

  • この現象は増加に加え、血液や血管細胞
  • によるメンテーションが起こりにくく血管が皮下脂肪.

その外観血管のパターンの"大理石の低温における幼児の

スキンケアによるソフトで柔らかく、比較的に、ガンlanugo. 小型-薄毛をカバーし、両肩とも腰市内中心部に位置する. その後、皮膚の表面が乾かでやることでさらに成長できるフレーキングを抑えます。 の適応から水戸に空気のように皮脂腺が営業を欠. 最も受けやすいの剥がれ、赤ちゃんと手不足による脂質発泡体を保持。

時には皮膚に覆われてい疹の小さな白いドット–員. において安全性の場合、両親のいない開始を撤回あるいは取り除く。 早く正常に皮脂腺ができなくなってしまいます。 赤色の吹き出物("bloom")がホルモンの不均衡の子どもの身体は含まれないものとし、また脅威を与える。

ケアルール

  1. を避ける偶発的な損傷、皮膚の新生児の手指の爪を大人が必要短削り処理とネイルファイルです。
  2. の存在下での菌、炎症やが沸騰している人は、することが望ましいを委託するケアの赤ちゃんの肌を健康な家族の一員.
  3. すべてが良いほどほどなので通常のベビーソープunscented水道のクリーム。
  4. 子どもを使用しての化粧品は高品質のものを用意して下さい。

フェイシャルトリートメント

毎日の目覚めは、赤ちゃんが必要で洗浄暖かい。 最初の週の水を加熱する36,さらに低減することがでの温度25℃

  1. 目の拭き取り湿綿パッドから外側のコーナーの心がけています。
  2. ノズルがあり、外部からの拭湿綿棒。
  3. 週に二回の清浄にし、外層のみになっています。 忘れずに拭き取り領域の耳の後ろの汚れが蓄積があり、炎症を起こします。
  4. 末の手続きに優しく、高温高湿の綿を手女子クリエーターの赤ちゃん.

ボディケア

六ヶ月の乳幼児は毎日のお風呂、洗浄を実施後に腸動作します。 なおむつかぶれにくの空気風呂–することが望ましい練習に数回日10~15分の肌を"呼吸." を始め、徐々に上げる。

  1. までの臍帯の傷は癒される、入浴の赤ちゃんの沸騰水です。 水冷36石鹸と水で日々の必要はないが、洗い流せるのです。 後水処理、巻いており鮮やかな黄緑といえましょう。 前をおむつは濡いについては、コマの場合併用により!) のボディに赤ちゃんのタオルはネルおむつ.
  2. 一部小児科医を推奨していないお風呂で赤ちゃんの2~3週間を回避するためには感染のおへそ. この場合すべての赤ちゃんの拭き取りの日常と柔らかい布でふき取ってくださいに浸しぬるめ。 特に慎重に必要があ洗倍となった場所でもあり、おむつ.
  3. ご旅行のバスルームベビーのニーズを洗い、大丈夫ですが、手から離れた陰の殿ます。 また、清掃が行われた排尿3このサイトはおむつを服用中は飲酒を避けてください。
  4. スキンケアのための赤ちゃんのクリームを保護する繊細な表面からの刺激を尿として排泄することです。 が尻ません汗だくには、使用おむつクリームやベビークリーム。
  5. 後天風呂は、すべての肌折りのボディに赤ちゃんに必ずふいてくださいベビーオイルを回避のおむつかぶれ、素肌になっています。

学生の知識と問題解決能力

フェイスケアの子ども

場合でも両親かの赤ちゃんや皮膚ができるわけではなくトラブルを避け:

  1. 一番のお母さんの気にな外観は、赤ちゃんの頭scabsとは病気ではありません。 の除去をお願いいたします必要なものを付ける前の赤ちゃんのお風呂クリームまたはワセリン。 の子どもはお風呂上りには、摩擦の影響を受けに頭をリセットのガーゼ、包帯. い圧力が必要でなたを傷つけないよう、デリケートな肌を保つのに十分なだけ残ってい円形の光線の本数で検索します。
  2. の登場で汗を流し、見直しの習慣はラッピング赤ちゃんけでも暖かいです。 ま風呂とカモミールの注入または煎じのオークの樹木です。
  3. オムツ替え疹、必要なものを洗い流は市内中心部に位置する後排尿、便、多くの幼児やおむつ替え用の おむつ交換に伴が必取り扱いの炎症領域に特別なクリーム。 おすすめの空気風呂に入ります。

適切なケアを与えるのは子どもに気をつけ、健康、お母さんの貴重な落ち着いています。 で十分に注意が必要な問題領域の体を避ける重篤な皮膚疾病に対する

20.07.2019