ケアのための皮膚の後30

人の署名が昨日お吹30キャンドル誕生日ケーキは、現在で実施、監査には、棚のバスルーム。 そのためにはもちろん、言の時期交換わり、一定の変化を肌で植生に大きな被害が出ていることです。 毎日のケアも必要となる何もしないわけにはいかない。

の特長皮膚の後30年

スキンケア後30

る広い意味では皮膚の老化、老化の生物学的ます。 通常は最初の兆候となり、目に見えるものづくりを進めてい30-35。 しかし、例えば、酸化プロセスの皮膚細胞が始まります。

以来、時代の思春期の人間の身体から失1%のコラーゲンは、年当たりの株式は補充は、外からの40年の赤字となりましょう。

に近いのかを肌で以下のプロセスが

  • 削減、密度、弾性皮膚の
  • 減速彼女の再生;
  • しわ、nasolabial、鼻折めていく姿となっています図表。

そう、自然になります。 が適切なスキンケアは、これらの変化が遅れて現れることがあるのです。

規則相のケア

もう5年ごと又は10年前ます。 ただし、一部の段階において時間を過ごし、慎重にモニターの反応を肌です。

の除去のメイク

削除メイクが優しくない石鹸や摩擦を実現しています。 若手肌にも渡されたが、その後時必要なものはより慎重なアプローチします。 利用の親水性は、石油、化粧水または水です。 とアルコールの構成資金です。

クレンジング

後30日の皮膚く、低レベルの水分です。 を失わないために、湿気、普段ゲルの洗顔料より優しいオプション–発泡しています。

調色

これは重要な一歩で多くの人が何とか逃します。 使用花の水やトニックなアルコールの実効性を高めるための資金は、次の段階のスキンケアです。

剥離

の色味や、毛穴の詰まりもなく、必ず削除可能です。 通常のスクラブの大型研磨する可能性もあるも積極的なので、置き換えソフトゴマージュまたは酸皮がマスクを商品化しました。

水分補給

後半でも最高のクリームのための保湿が必要な支援の追加などの日常ケアクリームに適用されます。 こちらはペプチドおよびビタミンと式を含むヒアルロン酸です。

スキンケアの種類は30年後には

ルールの"水"が重要布や布団でおおったり、包タイプであるが、一部のニュアンスであることに留意すべきでしょう。

ルールのためのスキンケアの異なる種類の後30

ケアルール

脂肪

洗剤をお選びに優しい洗浄と保湿効果です。 例えば、変更のゲルフォームです。

ドライ

革の種類、年齢、始める気鋭の食糧不足、その保湿成分で利用栄養満点のクリームやオイルです。

複合

Overdry組み合わせ皮膚–シンプルです。 重水和します。 マルチマスター–fangledを受け対象スキンケア:クレンジングマスク、Tゾーンは、保湿地域が必要です。

問題

通常、活性物質の化粧品問題(過酸化ベンゾイル、酸、レチノイドについて乾燥効果です。 粗利用の過剰保湿力と可能性を感じます。

感度

部品などのビタミンa(retinol)、ビタミンC、敏感肌に適合するものではありません–ベットに酸化防止剤(ビタミンE)、タンパク質(ペプチド)です。 強化循環をイチョウキです。

特別ケアのための異なる皮膚

積極的に介護のための皮膚一般に、メールの脅威を見落とさないこの分野に特別な配慮を必要としなどの皮膚の首décolletéます。

スキンケアを目

原ッケージデザインもリニューアルケア

また、皮膚の目がより繊細な薄いこの地域では、減数皮脂腺です。 なので、不足の脂質バリアになります。 長若さと美肌のことを忘れずに利用目のクリームです。

ケア首-デコルテ

ルールが適用のクリームがお顔は忘れずに首や胸に。 この場合に利用できる特別なツール、顔クリームです。 が、レチノイド酸にこれらの地域では、注意のこれらの地域では薄く繊細です。

特長化粧品の皮膚後30年

後半に質の高い保湿、抗酸化物質の推奨ツールを活性化をテーマにコラーゲンやエラスチンです。 構成を見:

  • コラーゲン、
  • ペプチド
  • 成長因子
  • などです。

以来、脂質層が破壊され、日常のケアのためのすべての肌タイプ、特に乾燥が必要などの食品をクランプは、思いや油またはセラミドです。

を刺激する微小循環の強化は細胞の再生を酸レチノイドや一部の植物エキス(銀杏biloba、海藻類)です。 重要なポイントを使用する場合には酸retinol binding年から保護します。 これらの部品においては敏感になりがちなお肌に。

12.01.2019