装置のための皮膚photorejuvenation家

Photorejuvenationは近代技術の皮膚の若返ります。 その本質の影響皮膚細胞に人工光源を促進し、新しい細胞を排除する古いものです。

家庭での行photorejuvenationが可能となりました。 この開発した特別装置、家庭用のために弊社の記事です。

Photorejuvenation家庭において利点と欠点

デバイスphotorejuvenationの皮膚

機械の写真を若返りの家で販売されている特殊なオンラインの店舗です。 これらのデバイスとしての機能をご紹介します。 それらは単なる小型化-電ていると言っても過言ではあります。 の使用を再び活性化を全身以外の周辺は、目、耳、頭皮とinguinalます。

利点のホーム処理:

  • を単位としては、家庭の再生には家庭内における、時間のサロンは、
  • 家電家庭用電力の少ない危険がないかなどの身体を害すると副作用はありません;
  • 貯蓄ので、コストの平均と同等の価格の装置の使用が可能で繰り返し回数;
  • 中間期末の処理は、処理が走る自然のメカニズムの皮膚ます。

連結実績家庭用のものはほとんどです。

前のセッションのphotorejuvenation家、研究の利用にあたっての注意事項の装置です。

を利用できない装置です。

Photorejuvenationのように変更の手続きには禁忌は:

  • 腕、スクラッチ、つなぎ目を課される最近;
  • 暗い皮膚(4-5写真タイプ);
  • の悪化病などの循環器、内分泌や肺;
  • varicose静脈に血液凝固;
  • ホルモンの不均衡;
  • 眼病
  • 腫瘍;
  • 日焼けの
  • 免疫力の低下は、
  • ヘルペスウイルスの悪化や疾患に対する皮膚
  • 補綴物又は金属製建設-身体
  • の使用薬抗精神病薬、抗生物質;
  • 高血圧として厳しく、
  • 精神疾患;
  • ペースメーカー;
  • の状態の状態になり熱を発生します。
を利用できないphotomalaysiaカメラ

医師にご 使用の装置photorejuvenation、特に、将来、母乳育児をする母親切禁止します。 ではどのように影響を与えます。

使い方のデバイスの

開始する前に、写真の若返りの家の装置すべきであるかどうかを判定する皮膚感度:

  • 一flashをご希望の手続きは、
  • を選択し、発電に適したサイト
  • 一日を見て、肌でない場合は赤色、フレークでは燃焼しないと、本機が使用できます。

これらの理由があるので、必要な試験を繰返します。 の場合は再発の不快感は、この装置には適しています。

Photorejuvenationで清潔な肌になる場合があり(取扱説明書に記述されている)だと多くの方にご利用頂いてい特別なクリームです。 必ず手続きを行ってのサングラスです。 その結果、肌に栄養満点のクリームです。

本コースは8-12時代2~3ヶ月です。 通常の効果が見えた後、月には3です。 次のコースを開始した後の休息のための少なくとも3ヶ月ほどかかります。

まないようにすることが重要で虐待をないが、肌を痛めます。 また、お勧めです"をお読みます。

なの治療のための日から14日以防止直射日光の当たる場所、炎天下を歩天風呂、サウナ、サンルームです。 また後の手続きは、最初の2日間います。 最高の時間を若返りは秋冬からスタートさせるんですよ。

スキンケア後の利用のための装置肌の若返り

後photorejuvenation手続き申請する必要がある皮膚の炎症を抑クリームです。 また、乾燥後、夜間にできるものを円滑にクリームのが炎症を起こしやすくなります。 また、手続きをすることは不可能で顔が濡れます。

次の日になることができる洗面、再申請クリームは、次に、それを3倍しています。 夜の情報が多くなればなるほど、見た短いシャワーです。

翌日、スキンケアです。 3日目の朝晩の使用、保湿剤、利用できる飾りの化粧品です。

はなはだしいえ自家製のデバイス

一つの手続きなのに合格しなければなりません最低率5倍です。

また、コラーゲンが排泄されゆっくり、再生過程に始まり翌日から起算して30日第1セッションを考慮し、その完成と文化講座共催で実施されます。

後の手続きのままフェードシミ-ソバカス、年齢のスポットで、贅沢な時間をお過ごしいたので、ダ脈の向上、さっぱりの顔のシワなります。 めの最高の結果を維持することは、繰り返す必要がありますの2倍ます。 また、各装置は、独自の目的には好結果です。

今日、多くのデバイスの活性化に向の外観。 お使いになる前に処理を把握しておく必要がありう装置を解決の問題の皮膚ます。 もちろん、マニュアルを適用する手順にした安全で便利なのです。

デバイスのための顔の若返りで家庭 の支援を達成するための、ご希望の目的です。

として研究により、このような美しさせて効果的なサロンをご利用いただけます。

  • こうした手続き補正の兆候を早期老化が遅いです。
  • 製品は家庭用は以下の同様の美容機器に使用。
  • 利便性の実施にセッションです。
  • 時間と資金の節約になります。す。
  • の活動を行うことができる能力を完全ケアです。

には、いくつかの種類がありますデバイスのための顔の若返ります。 なかで互いにより原則とします。

  1. デバイスの面とマイクロ流します。
  2. 機レーザーを再生します。
  3. ラジオ周波数を上げます。
  4. 皮膚を引き締める超音波です。
  5. デバイスのための真空マッサージします。
  6. デバイスを行うionotherapy、光とオゾン療法です。

レーザーの顔の肌の若返り

動作原理のレーザー抗加齢の製品は同様の同サロンをご利用いただけます。

を発するかのように放射線がも利用できな層の皮膚への貢献の姿エラスチンとコラーゲンです。 また血流を改善します。

これにより、急速飽和の体酸素とミネラルを含んでいます。 ここで示されているデータの復興に真皮から生ます。 細胞の作業を始め集中的につながる癒しの効果です。

レーザー治療を意図的に負傷した皮膚です。

とした被災地においては健康な細胞の巣の修復します。 皮膚の中に開く"パッチの穴"は、早急に復旧しつつあります。

デバイスのための顔の若返りの家

の手順を繰り返し毎日です。 のコースで続く3-4ヶ月です。

この手続きは簡単で、それでもこの介入を体oth彼女は:

  • 人からの皮膚疾患(例えば乾癬);
  • 妊娠;
  • アレルギー;
  • 中悪化のヘルペ;
  • 後に化成皮;
  • 下が炎症を起こしやすくなります。

手術前補正できない余計な相談美容師または医師の診断を受けること。

超音波顔の若返り

超音波phonophoresisが必要で少しの時間です。 は20分で週に三回べての女性です。 この手順を組み合わせ処理超音波mesotherapyます。

この剥離により、上層の皮膚から細胞ます。 その影響はありません天然高齢化プロセスは、将来の悪影響がない、皮膚の状態です。

この方法は超音波を所定の周波数です。 では酸素の増加が、血流や保湿効果が期待できる.

その結果、誕生細胞を含むコラーゲンやエラスチンです。 結果のすべてのこれらの活動の輪郭の顔を締め付けます。

超音波補正肌禁忌:

  • がん患者
  • 苦しみの心疾患;
  • 神経痛;
  • 急性皮膚病
  • 後の業務に直面します。

ハードウェアの真空マッサージ面

電気装置に複数のノズルをマッサージの異なる顔の部分です。

このマッサージャー:

  • 可能に応じた駆動部の選定が可能な真空圧力
  • な被害を小さな容器の可能性もありますので選択希望の安全モードに切り替わり、
  • ありません向けた取り組みが不可欠成に必要な真空が得られる。 あなただけで快適な取扱い、移動には正しい方向を向いている。

動作原理は簡単です。

  1. ノズルの装置では、格納時の空にします。 そのような強力なグリップの結合組織の脂肪には破れます。
  2. のリンパ管システムに関わることができます
  3. のデバイスを推進して形成のパルス波によるマッサージのすべての分野です。

このマッサージが可能です:

  • 平滑性-均一性皮膚の
  • 排水腫;
  • 痩身の顔の輪郭;
  • 強化血流;
  • の更新の表皮;
  • シワになりに平滑化します。

真空若返りは禁忌:

  • 皮膚病、創傷ん潰瘍や傷;
  • rosacea;
  • 大型モ;
  • 多くのニキビは、
  • ま敏感肌です。

電波やmicrocurrents—訂正の皮膚

動作原理は同様のアクションのマイクロ波オーブンです。 暖房時の皮膚との電波を始め、線維芽細胞ます。

このコラーゲン繊維を伸ばして、シワやフェードマッサージします。

に、この手作りの顔の若返り:

  • 手続きについては痛み;
  • 最後の一時間(平均で20分);
  • その結果、目立った最初のアプリケーション

この過程が、禁忌です。

では不可能です:

  • 妊娠;
  • などの全身疾患としての強皮症性エリテマトーデス、血管炎;
  • 苦しみからの内分泌疾患
  • 先進の高血圧の
  • 場合、インプラントは、
  • 急性感染します。
11.08.2018