レーザーの顔の肌の若返りのヒントと提言

すべての女性を見たいと思います。 たプラスチック手術をしなくても、いつも疑問なくなった。 現在、端レーザーリサーフェイシングな強制の下をくぐって進んでください外科医のナイフです。 これを安全に効果的です。 多くのハリウッドで使用レーザーによる皮膚のリサーフェイシングおよび利でしたので、完全に変換します。 の手続きを行った結果レーザーをグリッドや、安価で必要はありません獲得にくいこのような変換します。 第条までのメカニズムと影響のレーザーリサーフェイシングまた恐怖です。

何かのレーザー皮膚の若返り

高齢化に影響するすべての臓器や組織がこのプロセスは、残念ながら、止ます。 また、組織面に影響を与えるだけではなく、環境にも顔の表情、

また調音運動と咀嚼機能します。 この点に関し、フェイシャル組織は脆弱になる。

場合に"しわ"を見えるもの静的位置の顔を主な症状皮膚の老化します。 も変形の軟組織表示されspider脈腫瘍、年齢、変化の構成に顔や首ます。

年齢collagenicのスケルトンの皮膚が弱く、地下には顔の特徴を変更し、時に急速に悪化しています。 その観点から、しわ、折れ目のない最悪の"年齢"の問題です。 若年層では、皮膚は十分なコラーゲンの組織を、顔や体の成レジストの下の皮膚ます。 しかし時には、コラーゲン繊維生産されており、そのため、肌に沈むが"bryli"のほっぺは、目の下の、楕円形の顔となりファジィでは、コーナーの目や唇の下方に移動し、次回チンなどです。 の外科医支援することができなく、たるみ"あ、ほっぺ、まぶたです。 であると考えらこの問題について、事前にレーザーの使肌の若返りました。

一つのもっとも効果的なアプローチは戦闘時の年齢が上げ(巻上げます。 今日、多くの方にリフトの介在なしには、外科医が安全でないなどとして有効でレーザーリサーフェイシングです。 クライアント希望を迅速に果たが、クリニックのための手続きの締め付け、最終的にすることも影響に貢献する早期老化します。 たく皮膚のたるみが非侵襲的な技術です。 各方法のメリットやデメリットがfactional顔の若返りには最適なオプションのためのほとんどのお客様でも望みの結果になる。

深化学剥離できていないとも関連する方法の再生には最近彼らはとても人気があった。 レーザー技術は安全です。 パブリックセクターの感染症の患者のウィザードで精密に制御する深さやその均一性があります。 で非常に重要な利点があります。

そうになっているのは、どのようなケース、レーザ放射に人の皮膚ます。 放射線の影響が生体組織です。 発色団の光を吸収する特定の波長範囲をカバーします。 皮膚の構造は90%。 水の波長範囲は、赤外線スペクトルのためのヘモグロビン、グリーンのための髪の毛、皮膚のメラニンは赤です。 発色団に吸収し、レーザー放射線を光エネルギーに変換する熱を、この物質です。

でもラジオ周波数を上げるための皮膚の若返ります。 たぶことは避けられませんが、予期される結果、また、安全でないます。 リスクがあり萎縮症の皮下脂肪が多くの問題を抱えてきました。 レーザーの肌の若返りに最適で、患者さんのエネルギーへの輸出を開始する。

何の効果をレーザーの肌の若返り

まっと見つからないのfactional手続きの顔の若返りには、き込んだ評判を良く読んでい患者さんで行くことができます。 ますので、感動、喜びの成果です。 かけるのに役立つでしょうにウィザードを閉じます。 の手続きがほとんど痛みは、多くの時間を必要としない長期リハビリや介入の外科医です。 のリストは以下のとおりです影響のレーザーリサーフェイシング:

  • く傷ダ脈のストレッチマークと色素沈着の顔
  • の縮小孔;
  • 皮膚により弾力性がありました。 ことが可能になる時の手続きは、皮膚の細胞を生体内で合成するコラーゲンやエラスチンの影響下にレーザー、放射線の
  • シワの削減、
  • 削除"カラスの足元";
  • 改善の複;
  • の登場により明確な概要です。

一週間後のセッションでは、結果は自明である。 かれるようにすることだと思いますので、必要な数だけます。 ご相談、マレーザーリサーフェイシング方法に関してのクリニックです。

なっ反射鏡の中の、正しい判断により、マスターレーザの顔の若返ります。 私もこの手続きについてはご相談の禁忌です。 ませんので念のサービスの詳細についてはお肌にします。

レーザの顔の若返り:前後の写真

レーザーの若返り

何がレーザの顔の肌の若返り

によってどのように深いレーザービームに浸透し、肌を変更するメカニズムです。 のでお選びいただけるということで最適な方法でレーザの顔の若返ります。

Ablyativeレーザーの若返り

レーザーを削除し非常に微小領域の肌です。 その地域の傷を癒すが、縮小に向かってしまいます。 最初のセッションす驚きの結果です。

剥離を行わレーザーの若返り

時のマイクロ領域を損傷した皮膚の更新コラーゲンやエラスチンです。 のレーザービームに深く浸透し、肌の患者は、外側の層がなく、コラーゲンが深層ます。 の処理を行ってく場合Ablyativeレーザーを再生します。

最も最適な変異体を組み合わせた異なる種類のレーザーリサーフェイシングで、この場合、細胞を更新しましたの皮膚表面の深層ます。 ございますのでご注意下さいまだに相談している。

まだまだある種のレーザーリサーフェイシング

には、いくつかの種類がありますレーザー剥離します。

1) 表層ます。 この方法で処理するように設計されて、ひずみのトップ層の皮膚は表皮です。

この剥離できる素早く取り除時代のスポットや肌荒れを円滑にします。

表面剥離に適した唇には、デコルテには、頸部および周辺には、信頼できる最も敏感です。

などの手続きなどの多くの種類のfactional顔の若返り、すべての種類のレーザーによる皮膚のリサーフェイシングです。

この後、表面の皮真皮を修復へと変えていくという一週間でこれらの手続きを害する表皮です。

2) 中央値です。 このタイプの剥離に適したい方に死細胞の基底下層の表皮です。

中央剥離する滑らかなシワを伸ばした様々な深さとケロイドの傷、ストレッチマークです。 また、痛の患者から贅沢な時間をお過ごしいた浅傷の結果から、ニキビpapillomasは、evensの色を暗いスポットです。 中央剥離効果の問題領域首、顔とデコルテには、手です。

皮膚には共通のグリッドのビームス各種レーザーをし、ネオジム、エルビウム-CO2レーザーです。 このメソッドが呼び出されるfactionalます。 各種レーザーのメリットとデメリットがある。 彼による異なる波長の透過方法。 このようなレーザーは、これよりも有意に優れています。

全く異なる方法で剥離の中央値はレーザー dermabrasionます。 で異なるが、beamsのレーザー光線の皮のコースのセッションの追加エネルギーに貢献する形成のミクロ爆発を起こし組織を蒸発させれば、レーザーです。 この場合、レーザーリサーフェイシングを使用してCO2エルビウムレーザーです。

3) 深い。 対象深剥離レーザーの顔の若返りを行うという装置は、パロマ、素材として再生します。 このような方法が最も効果的です。 ということができますが、改装なします。

カメラパロマの推進を形成しても厳しいレーザーをグリッド、送信、皮膚のバンドルの線ます。 これらの複数ノズル、冷却素子の制御マイクロプロセッサです。

時RF-若返り、上記のレーザービームが浸透し表皮です。 深が深い層を露出RFエネルギーです。 その結果、ディストレストの顔と身体に温めスポットです。

とfactional RF顔の若返り、レーザーリサーフェイシングを用いPalomarのコラーゲンを束ねてより高密度形成への支持構造の皮膚ます。 また、手続きをaktiviziruyutsya再生プロセスそれぞれの地域におけるマスターのレーザーです。

以来、両方の手続き安全のリスクを排除患者の傷もので、肌に目の周囲のみならず、首と手です。

いうの顔の若返りが可能となる。 深いレーザー剥離ムーズなシワを伸ばしたり、evensの色とができる皮膚の買い求めいただけます。

のfactional RF顔の若返りとレーザーリサーフェイシングを用いPalomarはその影響の手続きの改善から半年以内のコースです。

場合の深いレーザー剥離を行い、CO2レーザー、マスターする必要性の高い、そうでないすにも深い傷跡を残すことができます。 この機用プラスチック外科医としてのメスです。

現在、麻酔します。 で表面的な効果を肌で使用局所麻酔ます。 深い剥離が必要にな全身麻酔ます。

どのような皮が必要により、複雑な化粧品に欠陥ます。 でご採用にあたっての注意事項を専門とする。

レーザーの再生:禁忌と表示

たくさんしないようにしてくださいfactionalレーザーリサーフェイシングの読み込みを証言するこの手続きをはじめとする専門家のためのベスト結果:

  • ストレッチマークは、蜘蛛の静脈や傷;
  • 毛穴;
  • ニキビは、
  • 色素沈着;
  • ゆったり皮膚
  • シワには、カラスの足元に目をします。

した場合は、以下のとおして、皮膚かのコースのfactional顔の若返り、海外にいるのを忘れてしまいます。

禁忌

入院の手続きにレーザーの再生factionalいて熟知しておく必要がありますの禁忌です。 読まれた負のフィードバックこの方法若返りの必要はありませんへの怒りと拒否します。 が、著者らのこれらのレビューさんの存在の禁忌:

  • 炎症の処理区
  • 感染症の皮膚
  • 乾癬;
  • アレルギー;
  • 悪性腫瘍の影響-ゾーンのレーザー
  • てんかんです。

読みはいつも以上の禁忌なので、いいものがあり、それを否この素晴らしい治療法です。

はどのように手続きのレーザーリサーフェイシング

の手続きが必要でレーザーを効率的に扱う問題領域、皮膚の治療法です。 で使用できる皮膚の厚さです。

束レーザー(株)に貢献する蒸発散の小さな領域、皮膚、目を見ることのできない。 組織の温が古いコラーゲンやエラスチンが破壊されることになります。 一部の時間までとは考えないかもしれない結果、皮膚は変わらないため、革の外装のままに掛けることがありません破壊します。 しかし、皮膚に回復し始め、新たな細胞です。 皮膚の一部を更新し、その条件は改善傾向にあります。

手続きのレーザの顔の若返りは複数のステップ

  1. 第一に、マスターを作成し、皮膚の中、お客様の手順です。 この領域、皮膚が実施する影響をクリアで特別なクリームを支援するスを使うことで痛みが緩和されます。
  2. 専門家検討を重ね、皮膚との関連のデータをfactionalレーザーです。
  3. 使用レーザー蒸発させ、皮膚の特定の部門です。 その約半分の時間です。
  4. この手続きとなっています。 肌(皮膚)は大きく分けて処理特別の軟膏です。

期待しないことの効果の直後に出力のレーザーリサーフェイシングです。 最初にニーズを把握し、皮膚のろまで少し膨らみます。 なので有効になります。 皮膚は十分に回復に効果が顕著後の10日間です。

の結果を受けるべきであるコースのセッションである場合は特に、感な肌の問題です。 factionalレーザの顔の若返りや美肌累積物件です。

08.08.2018