どのように適切なケアは、肌の女性50年後

の適正な扱いをお肌の維持保全につなが彼女です。 50年になると見えてくる女性として成熟した女性はその逆として、祖母. どのように育成熟した皮を使用療—共有します。

のシワ?

スキンケア後50

シワには、女性の顔が表示される。 25日–その悪い習慣を35に減速の代謝プロセス、体内の50–シワの更年期:

  • 後45年のエストロゲンの女性の身体を始めるの減少;
  • 減少し脂肪層のファイバ
  • コラーゲンやエラスチンは毎日。
  • 皮膚の始まりを低下や皺;
  • のシルエットの変化–秋の頬側の眉、折れ、上口唇、シワの周りになった。

から上記のもと、このプロセスは不可逆的なもので遅いで下が発生する可能性がある点で、どのようになる、皮膚の状態の後、40~50年.

特定のケア

十分な注意を払う必要があるの介護

  • 浄化できる際に電波を飛ばしてネットワークが軽い製品天然のオイル:アーモンド、くるみ、など。
  • Tonicsを含まないようにしてください。
  • クリームは年齢に適して保湿するとどちらがいいでしょうか?
  • できることを忘れずにスキンケアの首デコルテ、そのままでは実年齢でも完璧。
  • のクリーム、肌にすべき部品など、ビタミンa、ヒアルロン酸、コエンザイムQ10脂肪酸からできています。
  • は、保湿マスクにも適用されるべき少なくとも週に一度。 できる独立して成のため、店舗です。

民俗レシピスケア

最も効果的なスキンケアにはマスクの自然製品

  1. バナナのマスクです。 半熟したバナナのマッシュとフォーク、口目のクリーム。 応用マスクの顔面に20分。
  2. ミツミルクマスクです。 一口目はヨーグルトなホエ)と、スプーンのハチミツです。 の場合はマスクをしたが、液体を追加することができますのでん粉又は通常の小麦粉.
  3. アプリコットマスクです。 のパルプの非常に熟したアプリコットマッシュとしてフォークの追加-半杯ぶどう種子油、米粉. に耐えるようにマスクを20-30分です。
  4. マスク胡瓜。 きゅうり摩擦におろしと混合原卵黄. 適用して顔の皮膚の周目、カバーをスライスの新鮮な胡瓜。
  5. マスクアロエジュースがあります。 ライ麦パン粉mash微市内中心部に位置する、追加のアロエジュースを厚い雑炊、数滴の海buckthorn。 準備のジュースは薬でより良い料理です。 このためには、まだ小さなブッシュのアロエにpot. のための搾汁や中葉の皮をかぶってforkします。
  6. ゼラチンのマスクです。 の肉を半分に非常に完熟桃のマッシュとフォークを削除しpre-箔剥れが生じます。 追加杯ゼラチンは、数滴の桃す。 この結果、混合物を用の顔を紹介します。

特に注意が必要で、特に繊細に、敏感な肌に。 の構成要素マスク、肌になるまで、有機:

  • マスクを新しい~~^^お久しぶりです~~!! 小原芋火格子、小さじ重いクリーム;
  • ハーバマスクです。 一杯のカモミール、セージおよびネトル流動沸騰したお湯とうしている。 後、冷却、潤すに注入され、綿棒、さらに、肌にまぶた;
  • 石油マスクです。 半杯ヒマシ油の追加三滴の精油のシナモンソリューションのビタミンA、E、皮膚、眼、綿棒。

のほか、マスクに役立つスキンケアの顔と身ローション、ローション:

フェイシャルトリートメント
  • 緑茶です。 コツは"強いお茶、追加、かのペパーミント. きっぱりとした使用感がお好みの紅葉を綿棒や拭き取り、顔のマッサージライン
  • パセリのイメージにぴったり。 多くの女性がなのではないでしょうかいシワが多くの時代のスポットです。 最も有効な手段のひとつの民間療法との闘いへの色素沈着–ケジュースがあります。 準備センシエンスバランシング、バンチの新鮮なケアサービス(有すべきく切ったミキサーや研磨機、丁寧に絞りのジュースを何層にもcheesecloth. 薄ュースによる半は流水(ぬるま湯)にてよく拭き面のコットンパッド
  • レモン。 彩色スポットや皮膚の色をモkefir化粧水。 小さじの新鮮なレモン汁ッ杯のヨーグルトになってしまうとか。 の混合物をガーゼや布のマスクは、適用されます。

の成熟した肌に要する特別な規則性と徹底. 正しく選択した資金は、通常のスキンケアマスクの適切な食事、空気の新鮮な十分な睡眠–誓約書の若さと美しさもます。

23.09.2019